今、私は切実に眼鏡が欲しい。

今欲しいファッション雑貨

今欲しいファッション雑貨

今、私は切実に眼鏡が欲しい

今、私は切実に眼鏡が欲しい。もうちょっと進化した眼鏡が欲しい。
小さな頃から本が大好きだった。推理小説にはまった時は、お風呂でシャンプーしながら読んだものだった。きっとこれが原因なのだろう、私は小さな頃から視力が低く、小学生で眼鏡をかけ、中学でコンタクトレンズを愛用している。その後も視力は低下し、今は両目とも0.1もないので眼鏡かコンタクトレンズを着用しないと生活自体ができない。
そんなこんなで目を酷使し、一日中コンタクトレンズを着用して過ごしていたら、目が充血し始めた。焦った私はそれから渋々眼鏡をかける機会を増やした。
何故渋々かというと、眼鏡が煩わしいのだ。まず歴代の眼鏡達は私の顔のサイズにフィットしない。下を向くと眼鏡は、ストンと落ちる。ご想像の通りかなりシュールな光景である。皿洗いをしているとタライの中にドボン。ものを落として拾い上げる時に眼鏡がストン。
あともうひとつの問題点は、眼鏡をかけると目が極端に小さく見える事だ。ド近眼な私が牛乳瓶の底の眼鏡でなく、圧縮レンズ眼鏡でおさまるのは嬉しいところだが、眼鏡をかけただけで、一生懸命施したメイクも吹っ飛ぶ程のブスになってしまう。こんな願いを叶えてくれる眼鏡が、切実に欲しい。

お役立ち情報

Copyright (C)2017今欲しいファッション雑貨.All rights reserved.